Riocato.com始めました!

僕のブログに足を運んでくださってありがとうございます。
Riocatoというアーティスト名で展開している僕の音楽活動を
まとめてチェックできる新しいサイト「Riocato.com」を立ち上げ、
こちらのブログの記事をそちらに引越ししました。
今後は「Riocato.com」に投稿していきますので、
よろしかったらそちらをチェックしてみてください。

      2016年4月23日 のんぎぃー
       ーー>「Riocato.com」はこちらです。

スポンサーリンク
2010.10.08

凄腕ゲストギタリスト参上

一昨日はオヤジバンドのレコーディングでした。

毎週火曜日と金曜日にダウンタウンのスタジオに集まっています。
昨日までに僕のデモ曲を2曲とも持っていきたかったんですけど、
仕上がりが間に合わなかったので
今度の金曜日までには持っていきたいと思っています。

なかなか時間がかかる作業ですよね。


さて、昨日のレコーディングなのですが、
メンバーの友人がゲスト参加してくれました。

前日のVAMPSのライブで紹介してもらったんですけど、
LAで楽器の販売をしているギタリストさんでした。

音楽業界にも知り合いの多い人らしくて
VAMPSの打ち上げの話もちょこっとしてくれました。

色々と話を聞いていて、
業界の人なんだなぁ〜としみじみと思いました。

で、そのギタリストさんなんですけど
なんで彼が呼ばれたかと言うと.....。

今作りかけの曲のエンディング部分で
ギターソロを弾いてもらおうという話が
前々から出ていたんです。

その話が、ついに実現となったんですね♪


早速ギタリストさんに弾いてもらったんですけど、
いやぁ〜、もんの凄く巧かったです!!

プロとしての演奏活動はしていないみたいなんですけど、
人にギターを教えているだけあって
タイム感も音色の作り方もギターの表情の付け方も
何から何まで抜群でした。

フレーズもカッコイイですし、
どこからそんなフレーズが出てくるのかも不思議でした。

ギタリストさん曰く、
「僕はバン・ヘイレンで育ったからね♪」との事。

なるほど、確かに納得です。

ブルース系ギタープレイが得意なバンドリーダーや
ジミーペイジ大好きの僕とは
全く違った音使いなのも納得です。


ギターも72年製のストラトを改造して
レコーディングにすぐに対応できるようにしてある
プロ仕様でした。

フレットは太いものに打ち変えてあって、
指板のRも削ってあったような気がします。
フレットはロックナット、

 Floyd Rose【フロイドローズ】
ナットセット

ブリッジはフロイドローズ製で

 Floyd Rose フロイドローズ Original CR


しかもドロップD機能付きのものでした。

 
【VAN HALEN考案!!レギュラーチューニングを瞬時にドロップDへ!!】EVH D-tuna


驚く事に、指板も1フレット分追加の改造がされていました。

ちなみに、リアピックアップはハムバッカーに変えてありました。


まさに、お仕事ギター!!




ギターの塗装はかなりの部分がはがれていて
指板もかなり変色していました。

相当弾き込まれていて年期が感じられるそのギターは
かなりの迫力ものでした!


それにしても、巧いプレイヤーというのは
音そのものに存在感がありますね。


タッチやピッキングのコントロールが絶妙でした。

プロ級の人の演奏をそんなに間近で見た事が無かったので、
実際にレコーディングの場での演奏を見る事ができたのは
僕にとって大きな勉強になりました。


指の動きはもちろんの事、使っているピック、
弦、ギターのセッティング、音色の作り方、
右手の使い方、チョーキングの感じ、指使い....e.t.c.。

本当に色んな事を知る事ができました。

ギターの弦はアーニーボールのスーパースリンキーを使っているそうです。

 アーニーボール スーパースリンキー

LAのスタジオの世界でも、結構このゲージが定番みたいです。

ピックはティアドロップの普通のものなのですが、
曲調が優しい感じということで柔らかめのものを使っていました。

結構、キメの音ではアップピッキングを使う場面が多かったですよ。


いやぁ〜、巧い人の演奏って本当に勉強になりますね。

僕も弦のゲージを変えて、ギターのセッティングをし直そうと思います。

もっとチョーキングを磨いておかないとなぁと思う1日でした。



レコーディングを終えて、みんなで話をしている時に

「そういえばさ、アイツ呼んでみない?」
「あぁ、なんか良いんじゃない? こういうの好きそうだよ。」
「でも、今○○ってバンドでやってるでしょ?」
「良いんじゃないの?友達だし♪」
「じゃぁ、今度誘っておいてよ♪」
「オッケー、話しておくよ。」

....という感じで、プロで活動している人の事が話に出たりしました。

業界に顔が利く人って.....凄いですね。
なんか異世界にいる人と同じ場所にいるのって
とっても不思議な気がしました。

同じ場所にいて、同じ空気を吸って、お互いに視界の中にいて
実際に話をしているのに、
彼らの後ろには僕の想像を超えた世界が広がっていて
彼らはそこの世界に住んでいる.....。


彼らは超人的な人ではなく、普通の人で、
エキセントリックではなく、とても常識的で
友人を大切にして、自然体な人....。


そんな印象を持つようになりました。
天才的な素養や素質なんかに気をとられる事無く、
自分のできる事をきちんとしてきた人達なんだなって感じました。

まず、人としてきちんとある事が大切なんでしょうね。

第一、変な人に仕事なんか回せないですもんね。


僕らはどこまで行けるんでしょうか?
この歳になって見る夢もまんざら悪くないものだなって、
がむしゃらに頑張ってみようかなって、そう思う毎日です。


人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。


ブログパーツ 

アクセスランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165039836

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
FX
日本レコード大賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。