Riocato.com始めました!

僕のブログに足を運んでくださってありがとうございます。
Riocatoというアーティスト名で展開している僕の音楽活動を
まとめてチェックできる新しいサイト「Riocato.com」を立ち上げ、
こちらのブログの記事をそちらに引越ししました。
今後は「Riocato.com」に投稿していきますので、
よろしかったらそちらをチェックしてみてください。

      2016年4月23日 のんぎぃー
       ーー>「Riocato.com」はこちらです。

スポンサーリンク
2010.11.06

USTREAMでの友人達のライブ

今日は寝不足です。

と言うのもですね、
昨日は日本で友人2人のライブがありまして、
そのライブの映像を同時配信で見ていたからなんです。


日本で5日の夜の7時半開演。

....という事は、LAでは5日の早朝3時半ぐらいかな?

って事は....今日は朝まで起きていないとだぞ?


などと、事前にスケジュールをチェックして
とりあえず、最悪の場合の

「あれ? ライブって昨日だったの?」

なんて事にならないようにしました♪


いやぁ〜、油断しているとこういう事も起こっちゃいますからね。


特に、意外と(?)抜けている僕の事ですから
念には念をいれておかないといけません。


最近は夜中にflashの勉強をしているので
作業をしている横で配信サイトを開きっぱなしにしておきました。

ちなみに、flashっていうのは
ウェブ上でよく使用されている
flash形式の動画を作る為のソフトです。

 adobe Flash CS5 Mac版

最新版はCS5みたいですね。
ちなみに僕のはCS3です。
このソフトを使ってゲームも作れるみたいなんですよね。

僕はそこまでは考えていないんですけど、
そろそろ収入を安定させないといけないなと思っているので
グラフィックデザイナーとしてのスキルを活かして
今度はウェブデザイン方面に進もうと思ってるんです。

そんな訳でして、本を見ながらflashの勉強を進めているんですね〜。

 世界一わかりやすいFlash CS3

この本とか、


 Flashロゴデザイン

この本を読んで勉強しています。

2冊目の方はブックオフで中古で買ったので、
ちょっと古くて、そのままでは使えないものもありましたけど
flashの使い方がそれなりに分かってきました♪

今後、僕やオヤジバンドの活動でサイトを作る事もあるでしょうから
その時にも勉強の成果が発揮できるかもしれませんね。


インターネットは上手に使うと、色んな可能性が開けてきそうなので
今後もどんどん勉強していこうと思います。



そんな便利なネットを利用しての、友人のライブの生中継♪

これは見逃す訳にはいきませんよね〜。 (^^


友人の名は
長谷川幸裕(シンガー&ギタリスト)と
Kaoru Enjoji (シンガー&ピアニスト)。

長谷やんこと長谷川幸裕氏は、
とてもパワフルでソウルフルなシンガーです。
初めて彼の歌を目の当たりにした時は、本当に驚きました。

もともと僕が長谷やんと知り合ったのは
Kaoruさんが彼をLAに呼んでライブを開いた時に
僕も一緒に参加させてもらったからなんですね。

Kaoruさんは、いつもライブをする時にはお世話になっている
とってもフレンドリーで笑顔が素敵なシンガーさんです。
最近はプロモを作ったり新曲のレコーディングに励んだりと
精力的に活動していて僕も刺激を受けています。


その2人が組んで、
日本の5カ所のライブハウスをツアーで回ったそうで、
その最終日が、この同時配信で見られるという事だったんですね♪

配信サイトはUSTREAM


僕はまだ使った事がありませんけど、
ライブなどで使える便利なサービスだと思うので
興味がありましたら
ブックマークに入れておくと良いかもしれませんよ。



さてさて、そのライブの生中継の様子ですが
ノイズも音と映像のズレも無くて
音楽を充分に楽しめるクオリティでした。

「今、この瞬間に東京で演奏してるんだぁ〜。」
って思うと、なかなか感慨深いものがありましたよ。(^^

もちろん、ライブはその場で体験するのが一番なんですけど
それができない場合には、こういう公開方法って便利ですよね。

その場にいると、意外と落ち着いて聞けないんですけど
モニター越しに見ているせいなのか
歌詞をジックリと噛み締めながら聞く事ができました。

言葉と音楽が一緒になった「歌」って、本当に凄いですよね。

歌の素晴らしさを、2人にまた教えてもらいました。


それにしても、長谷やんは良い音でギターを弾くなぁ。

僕も、もっと良い音で弾けるようにならないとですね。



USTREAMでの同時配信ライブ。
2人の共演もあって、充実した内容のライブでした。

残念だったのは、最後の方で
回線の問題なのか送信側の状況なのか
それともサービス上の問題なのか分かりませんが
1曲か2曲、受信できなかった事です。

MCの途中で配信が途切れちゃったんですね。
多分、あれから1、2曲は演奏したと思うんですけど、
ラストが見れなくって残念でした。

とは言っても、映像的にも音質的にも
充分に楽しめる内容だったので
リスナーとしては楽しい動画配信ライブでした。


USTREAMでの生ライブ動画配信。

音楽活動をされている方は、取り入れてみる価値アリですよ♪


人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。


ブログパーツ 

アクセスランキング
2010.08.03

サンタモニカのThat Brirtish Place

サンタモニカリハーサルスタジオに行ってきました!

こんにちは、のんぎぃーです。

いやぁ〜、サンタモニカってなんでこう
西海岸〜っ
ビーチ〜っ
ヤシの木〜っ

ていうイメージが似合うんでしょうねぇ♪

実際にはサンタモニカの海岸線から
サンタモニカ市の内部に入ってしまえば
普通の街なんですけどね。

山岳部に住んでいる僕は
ビーチのある街に行っただけで
おぉ〜LAだなぁ〜
なんて思っちゃいます。

LAに住んでいるのにね。

それにサンタモニカを始め、
海沿いの街は何かと高いんですよね。
アパート代もガソリン代も。

だから自然と白人が多く暮らすエリアになるんですね。

要するにお金がないと住めない街なんです。

まぁ、そういう街だけあって
街は奇麗に整っている印象を受けます。
おしゃれな外観のお店や
アートっぽい隠れ家的なお店とかもありますよ。

でも、僕的にはサンタモニカと聞くと.....


 桜田淳子/サンタモニカの風

....とか、


 吉川晃司

....のモニカとか...。

こんなのを思い出しちゃうんですよね。

いやぁ〜、子供の頃に聞いた歌謡曲って
影響が大きいんですね〜。

....ちょっとノスタルジックな気分になりました。



さて、昨日僕が行ってきたスタジオはこちらのスタジオです。

That British Place

 ー>That British Placeのサイトはこちらです。

表通りには面していない上に
表の機材搬入用の駐車スペースの奥にオフィスがあるので
普通に歩いていたらまず気がつかないと思います。

そんな隠れ家的なリハーサル&レコーディングスタジオです。

僕達が使ったのはリハーサル・ルームAでしたけど、
雰囲気的に日本のレンタルスタジオと
あんまり変わらない感じでした。

ベースアンプのスピーカーが飛んでいたのか
音がブンブンうなっていて
ピッチがおかしく聞こえてやりにくかったんですけど、
スタッフが気さくで親切な人達でしたし、
ベースアンプを色々とチェックしてくれていたので
これは近日中に解消されると思います。

リハーサルルームは3つと、小振りなスタジオなので
ご利用の際には早めの予約が必要だと思いますが
ルーム内はきちんと整っていて、
シンバルも割れたりしていませんでしたし
スタッフの雰囲気も良いので
安心して利用できるスタジオだと思います。

サンタモニカ近辺でスタジオを探す時には
候補に入れる価値があるスタジオだと思います。

サンタモニカにお越しの際はぜひどうぞ♪



LAのリハーサルスタジオ関連の過去記事はこちらです。
 ー>LAのスタジオ事情1 リハーサルスタジオ編
 ー>LAのスタジオ事情2 ロックアウトスタジオ編


人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。



TAB譜にさよなら!」随時更新中です♪

万屋のんぎぃー堂」今日ものんきに営業中です♪

ブログパーツ 

アクセスランキング
2010.06.02

L.A.には楽器屋もいっぱい

L.A.ではたくさんのミュージシャンが
様々なスタイルで活動しています。

ロックスターにポップスター、
クラシック奏者にジャズマン、
ストリートミュージシャンにバンドマン。

こちらでは、プロ・アマチュアと区別するような事はほとんどありません。

楽器を演奏する人は
みんな等しく「ミュージシャン」です。

そんなミュージシャンだらけのL.A.は
やっぱり楽器屋も多いんです。

大型店舗の楽器チェーンが色んなところにあります。
L.A.の2メジャー楽器店と言ったら
Guitar Center」と「Sam Ash」です。
日本の楽器チェーン店と同じように
色んな楽器を幅広く取り揃えています。


どちらかというとGuitarCenterは
ロック色が強く、バンドマンやティーンに人気があります。

本店はHollywoodにあります。

場所が場所だけに、タトゥーをいれた強面兄ちゃんや
メタル兄ちゃんがうじゃうじゃいて、
店内は速弾きや重低音のアピール合戦のようです。

週末になると高校生位のロックキッズ候補生が
両親と一緒に買い物に来ていたりするんですけど、
そんな楽器屋ミュージシャンを
おっかなびっくりに横目で見ていて
なかなか微笑ましい光景ですよ。

ちなみに、この本店の入り口のフロアに
ロックスター達の手形やレリーフがあります。
その名も「Hollywood's RockWalk」!!
ロックの殿堂です。

Chinese Theaterハリウッドスターの手形がありますけど
あれのロック版ですね。
観光で来ている人達がよく記念に写真を撮っているのを見かけます。
もちろん、僕も最初に観光で来た時にはバッチリ撮りまくってました♪

そうそう、数年前にB'zがここに手形を残した事がニュースになりましたね。

本店にはビンテージのコーナーもあって、
雑誌の表紙を飾るような年代物のギターやアンプが
展示されていて一見の価値有りです。


「Sam Ash」はGuitar Centerとは対照的に
落ち着いていて知的な雰囲気です。
さしずめオトナのための楽器屋という感じでしょうか?

Hollywoodでは店舗が道を挟んで
Guitar Centerの斜め向いに競うようにあるんですけど、
僕は、まずGuitar Centerで在庫と価格を確認してから
Sam Ashに行くようにしています。

ここは2店舗とも大きいので利用しやすいです。
急ぎの買い物がある時は大体この2店舗で用を済ませます。

ギターは個体差があるので店頭で実際に手にしてから買いますが、
デジタル機器はほとんどどこで買っても一緒なので
僕はオンラインの「Musician's Friend」を利用しています。
上記の実店舗の2チェーン店よりも少し安いので
何かと重宝しています。

これらのチェーン店は会員になっておくと
色々なディスカウントがあるので入会しておくと便利ですよ。

ちなみに、アメリカでは
サンクズギビングデー(11月の第4木応日)
直後の金曜日はブラック・フライデーと呼ばれていて、
どこのお店も一年で一番規模の大きいセールをします。
これはお店の帳簿が黒字で埋まる事から
ブラック・フライデーと呼ばれてるんですね。

どの家庭も普段からコツコツとお金を貯めて、
この日に狙いを定めてショッピングします。
それはまるで狩りに出かけるようなモノです。

アメリカ中が大フィーバーな1日です。

もちろん、楽器店も例外ではありません。
秋頃に買い物を考えている人は
ブラック・フライデーを利用しない手は無いですよ♪

L.A.は個人経営、家族経営の楽器店も沢山あります。
それぞれに特色があるので、お気に入りのお店を見つけるのも楽しいですよ。
僕も小物を買う時はアパートから歩いて5分の
近所の楽器屋さんで買い物をしています。
顔を覚えてくれているみたいで
時々おまけしてくれたりします。

こういうのって、大型店では楽しめない
個人のお店ならではの買い物の楽しさですよね。


L.A.楽器屋めぐり、面白いですよ〜♪

人気ブログランキングへ

このブログがお役に立ちましたら、クリックをお願いします♪

TAB譜にさよなら!」随時更新中です♪

ブログパーツ 

アクセスランキング
スポンサーリンク
FX
日本レコード大賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。