Riocato.com始めました!

僕のブログに足を運んでくださってありがとうございます。
Riocatoというアーティスト名で展開している僕の音楽活動を
まとめてチェックできる新しいサイト「Riocato.com」を立ち上げ、
こちらのブログの記事をそちらに引越ししました。
今後は「Riocato.com」に投稿していきますので、
よろしかったらそちらをチェックしてみてください。

      2016年4月23日 のんぎぃー
       ーー>「Riocato.com」はこちらです。

スポンサーリンク
2010.12.06

ループ音源って便利ですね

サンプリング音源って便利ですよね。

オヤジバンドの曲のアレンジで
パーカッションの音を使いたいねっていう話が
前々からあったんです。

パーカッションプレイヤーを呼んで演奏してもらうと
お金がかかってしまうので
自分達で演奏したモノをサンプリングして
それを編集して使おうかなってなってたんですけどね...

つい先日、
僕がサンプリング音源を持っていたのを思い出したんです。


そういえば、Garage BandやLogic用に買ったんだったっけ。


いやぁ〜、すっかり忘れていました。(^^;


僕はその音源をGarageBandやLogicで
Apple Loopsとして使う為に買ったんですけど、
その音源はWAVEファイルとしても使えるので
Recordに取り込んで編集して使えるかなって思ったんです。

バンドに持っていったら、
その音源はREXファイルとしても使える事が分かりました。

REXファイルっていうのは
Record/Reasonに内蔵のDr.Rexというループプレイヤーで
扱う形式の音源ファイルなんです。

Dr. Octo Rex Loop Player


*詳細はこちらでどうぞ


Dr.Rexって本当に便利でして、
既存のループを簡単に自由に組み替えられるんですよ!

しかもピッチも変えられるんで、
スネアのタイミングをずらして
音も高くするなんてことも簡単にできちゃうんですね。

これって、本当に驚く程便利な事なんですよ〜。


恐るべし、Record & Reason!!

本当に知れば知る程、驚かされるソフトです。


知れば知る程と言えば、最近思う事なんですけど....
チュートリアルビデオって本当に便利ですね。

分厚いマニュアルを読むのが嫌で
DTMソフトを使いこなせない人って多いと思うんですけど、
ビデオで解説されると画面を見ながら覚えられるので
文字を読むのとは比べ物にならない程、
簡単に使えるようになるんですね。

もし、お持ちのDTMソフトのサイトなどで
ビデオチュートリアルのサービスがあったら
ぜひぜひご覧になる事をお勧めしますよ。

百聞は一見にしかず

これって本当に良く言ったものだなって思います。


それにしても、僕が持っていた音源が
こんなに使えるものに変わるだなんて思ってもいませんでした。

と言うか、もともとそんなに使えるものだったんですけどね。
それを知らなかっただけだっていう....。 (^^;

ちなみに、この音源なんですけどね。


BIG FISH AUDIO EARTH TONE / WORLD PERCUSSION

(ちなみに、このページの左上の部分でサンプル音源が聞けます。)


それにしても、なんてマニアックな音源なんでしょうねぇ。

これを持っている僕もどうかと思いますけど...。

でも、イイ感じの音源だと思いません?



これでオヤジバンドの音源の質もまた上がりましたね♪

またまた、さらに良い音ができそうで楽しくなってきました♪

人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。


TAB譜にさよなら!
    ギターの演奏に役立つお話をこちらでしています♪


ブログパーツ 

アクセスランキング
2010.11.28

パラダイス・フォールを夢見て

こんばんは、のんぎぃーです。

一昨日は感謝祭、サンクスギビングデイでした。
カタカナで書くと分かりにくいですね。
Thanksgiving dayです。

秋の収穫を神様に感謝する日ですね。

実際の感謝際の起源は分かりませんし、
史実の裏側にはネイティブインディアンの悲劇も
含まれているらしいので
(興味がある人はこちらをどうぞ)
能天気に祝うのもどうかとは思うんですけど、
アメリカでは日本のお盆と同じような感じで
家族が集まる行事になっています。

ウチでは奥さんが焼いてくれたパイで
ティータイムを楽しみながらDVDを見て
のんびりとした時間を過ごしていました。

映画って時間を作らないとなかなか見れないので、
買ったは良いものの
まだ見ていないというDVDが
結構たまっちゃってたんです。

見た映画は...


カールじいさんの空飛ぶ家




スパイアニマル・Gフォース




崖の上のポニョ


の3本でした。


どれもちょっと前の作品なんですけどね。
カール爺さんの〜とポニョは見たかったんですよね〜。

Gフォースは映画館で3Dで見て楽しかったので
これは持っておこうと思って買ったものです。

持ってるなら見れば良いじゃん!
って思うんですけど、なかなか見れないままだったんですよ〜。

そんな訳で、まとめて見ちゃいました♪

うぅ〜ん、なかなか贅沢な時間の過ごし方ですよね。


仕事探しだ、作曲だ、サイトの勉強に、作詞に
ギターの練習だ、アレもやらなきゃ、これもしなきゃって
色々と自分のスキルアップを考えていると
時々、何か大事な事を見失ってないかなって
思う事があるんですよね。

時には、ふっと日々の輪の中から離れて
自分を俯瞰してみる事も大切なんじゃないかなって
映画を見てあらためて思いました。


いやぁ〜、それにしてもですね!
「カールじいさんの空飛ぶ家」良いですね!

途中の展開や冒険は映画の興行的に必要なのかもしれませんけど
ストーリー展開もかなりアメリカ的ではありますけど、
それだけだったら関心しなかったかもしれませんけど、

オープニングのカールじいさんが歩んできた人生に
泣かされました!!!


もうねぇ〜、目がウルウルになっちゃいましたよ。


この映画をご覧になった人は多いと思うんですけど、
本当に素敵ですよね!

エリーさんは本当に幸せな人生だったんでしょうね。



大切な想い出と一緒に静かに暮らしていたいだけなのに
それを許さない資本主義社会とそれが抱える問題...。

冒頭から色々と考えさせられました。

僕がカールじいさんの歳まで生きられたとしたら
どんな世の中になっているんだろう?

今の高齢の方達、1人1人にドラマがあって
想い出とともに静かに人生を送っていきたくても
それが叶わない人がいるのも事実だと思うんです。

みんなで暮らしやすい世の中って
どんなものなんだろうって
思わずにはいられませんでした。



「崖の上のポニョ」も楽しめました。

話の展開はファンタジックですけど、
出てくる人達の飾らなさが、とても気持ちよかったです。
本当にどこにでもある光景だと思うんですけど、
日本にいたら当たり前な普通の会話かもしれませんけど、
とっても心が安らぐ思いでした。

アメリカナイズされてくると...
それともビジネスのエッセンスが入ってくるとなのかな?
(アメリカはビジネス大国なので
 アメリカにいるだけで
 ビジネス感がついちゃうのかもしれませんね。)
会話の内容やアクションが派手になったり、
相手にどんな影響を与えたいかなど
イメージを意識した会話になったり...

なにか、根底に何かしらの意図が隠れたような
そんなモノになっていってしまうような気がするんですよね。

気がついたら、自分と違う自分になりかけていた...
みたいな...。

でも、ポニョの世界はみんな自分の言葉で話していて
とってもほっとさせてもらえました。

なんのひねりもオチもない
面白みも全く無い会話なのに
素朴で素直でとっても素敵なんですよね。

ちょっとノスタルジックな気分になるのは
僕が今そこにいないからなんでしょうね。

もっと、素朴に生きていたいなって
そう感じているんでしょうね。


「Gフォース」は、楽しいし可愛いんですけど
やっぱりハリウッド的だなって思いました。

流行の音楽を映画中でさりげなく使って
プロモーションしていたり、
ターゲット層を意識して
南米系のキャラクターを起用したりとか....。

でも、まぁ娯楽として楽しめるので楽しい映画ですよね。
映画でリトル東京のすぐ近くも映っていたのでね♪

でも、「カール爺さんの〜」や「ポニョ」みたいに
心に響くものはあんまり無かったです。

派手で、お金もかかってるんですけど、
ストーリー的にも良い部分はあるんですけど、
映像ありきみたいな感じがしちゃうんです。

うぅ〜ん、まさにハリウッド的ですね。(^^;


と言う以前に...もともと子供用の映画ですしね。(^^;



映画にとっても音楽って本当に大切な要素だと思うんです。

心に残る映画って、素敵な曲を備えていると思うんです。


流行ものでヒットを狙うブロックバスター的な映画って
その当時の流行を敏感に取り入れて
興行収入をあげようとしますよね。

でも、それで興行的に数字を収めても
人の心に残る映画になるかと言うと....。


売れるのは大事だと思います。
でも、売れればそれで良いのかと言うと
そうではないと思うんですよね。


人の心に触れて、ほっとできるような音楽。
派手ではないけれど、特別ではないけれど
暖かくって心地の良い世界。

僕が作りたい音楽って、
そういう世界なんだなって
再確認させてもらいました。


今はオヤジバンドで自分達の可能性に挑戦していますけど、
それが一段落着いたら
自分の音楽作りを静かな土地で始めたいなって思います。

どこか景色がきれいで、のどかな所で
素朴な暮らしをしながら
心のこもった暖かい音楽を作っていたいなって思うんです。

きっと、その暮らしが僕の夢の土地。
カール爺さんとエリーさんにとっての
「パラダイス・フォール」なんでしょうね。


やっぱり僕はハリウッド的な事には馴染めないみたいです。(^^:

でも、Pixerは好きですけどね。


人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。


TAB譜にさよなら!
    ギターの演奏に役立つお話をこちらでしています♪


ブログパーツ 

アクセスランキング
2010.11.21

L.A.の日常レベルでの銃問題

L.A.は、やっぱり危険な街でした。

こんばんは、のんぎぃーです。

昨日のオヤジバンドの音源製作中に
メンバーに電話が入りました。

まぁ、こんなのはしょっちゅうですし
別にこうやってブログに書く程の事ではありませんよね。

でも、その電話が普通の内容だったら...の話ですけど...。



ちょっとシリアスな内容みたいだったので
「仕事のお話ですか?」
って聞いてみたら
「いやぁ、ちょっと友人に悪いことがおきてね....。」
と重い口調で話してくれた話は.....。


友人が車でアパートに帰ってきたところを
アパートの敷地内の駐車スペースで
黒人に銃を突きつけられて
財布も車も盗まれてしまったとの事でした。


とても心が痛む話ですよね。
メンバーみんなで辛い気持ちになりました。

ご友人の災難、突然置かれた境遇、
日常の裏側に潜む銃社会の危険と
経済格差による生活レベルの違いと歪み。

そして、こんな風には思いたくないのに....

やっぱりブラック(アフロ系)か.....。


この「やっぱり」とか「また」っていうのは、
本当に思いたくも考えたくもないんですけど
実際問題としてアフロ系のこういう話は時々聞きます。

あとはヒスパニック系のギャングの話とかも聞きますね。


事件があったのはGardenaという
日本人、日系人が多く暮らすエリアです。

暮らしやすいエリアではあるんですけど
治安はそんなに良くはないようです。

日本人が多く暮らす街なので
治安が良さそうなイメージがあるんですけど
実際にはこのような犯罪があるようです。

Gardena、Torranceは日本人が多く暮らす街で
日系の企業やスーパー、レストランなどが多い
日本人にとっては暮らしやすい便利な街なんですけど、
市の外れや隣接するエリアには
アフロ系の人が多く暮らしているんです。

だからという訳ではないんですけど、
実際に彼らによる犯罪の被害に遭う人がいるようです。


こういう話は気が重くなりますね。


本当に、どこにでもあるような普通の一日なのに
銃を突きつけられて財産を奪われる人がいるんです。

それは他人事ではないんです。

むしろ、たまたま自分ではなかっただけなのかもしれません。


銃メーカーは
「犯罪は銃が起こすものではない、
 犯罪は人が起こすものだ。」
と主張していますが、
そんなのは詭弁なのは誰が聞いても明らかです。

利益の為に、私欲の為に、お金の為に
危険なものを作り続けないでもらいたいです。


こちらではスポーツショップや大型スーパーで
本物の銃が買えてしまいます。

そんな街なんです。


メンバーの中には実際に銃を突きつけられた経験のある人や
(武道の心得があったので撃退できたみたいです)
知人が銃で撃たれて命を落とした人もいます。

その亡くなった人は銃を突きつけられ、撃たれ、
財布の中身の数十ドルを奪われたそうです。

キャッシュカードも車もそのままだったみたいです。

数十ドルの為に命を奪われるって
一体その人が何をしたっていうんでしょう!


僕は、仕事を得る時に必要があれば
Gardenaに引っ越す事も考えていましたけど、
その考えは捨てる事にしました。

通勤に多少の時間がかかったとしても、
家族の身を危険にさらす訳にはいきません。


こういう犯罪は車に乗る瞬間や、
降りる瞬間に襲われる事が多いようです。

L.A.にご旅行に来られる方は
くれぐれも車の乗り降り、駐車する場所には
お気をつけ下さいね。

たとえ見通しの良い広い駐車場でも
大型のバンの影で襲われる事もあるそうですから
危険に対する注意だけは怠らないようにして下さいね。


危険には近寄らない事が一番です。

ちょっと雰囲気が悪いエリア、
例えば民家がフェンスや柵で囲まれているような街、
道の舗装が行き渡っておらずに路面が荒れている街、
民家やお店の窓に鉄格子があるようなエリアは危険です。

車を運転していて街の雰囲気が変わったと感じたら
用心を怠らないようにして下さいね。

それから、South L.A.と呼ばれている
ダウンタウンの10FWYから南のエリアには
絶対に近寄らない方が良いと思います。

昔、サウスブロンクスやサウスセントラルと呼ばれていた、
アフロ系の人達が多く暮らすエリアです。

ロサンゼルス暴動などがあった危険なエリアです。


今は昔に比べて治安は良くなっているかもしれませんが、
それでも今でもL.A.で一番危険な街です。


アフロ系の親切な人や紳士的な人は沢山いるんです。
僕だって、アフロ系だから危険だなんて思っていません。

でも、実際にこのような犯罪の話を聞くのも事実なんです。


僕が暮らす街GlendaleはL.A.ではとても治安の良いエリアです。
それなりに歴史のある街みたいなんですけど
全米で5本の指に入る程
治安の良い街だった事もあるみたいです。

Glendaleは過去に
アフロ系の人には居住を許可していなかったという
歴史があるそうです。

彼らの人口が増えると犯罪が増えるというのが理由でした。


実際に暮らしていても、
アフロ系の人を見かける事はそんなにありません。

治安の良さが今でも維持されているという事に
アフロ系の人口が少ない事が関係しているのは
否定できないのかもしれません。

日本ではブラック系のカルチャーを
クールだと好意的に受け入れていると思いますけど、
表層的なものばかりに目を奪われるのではなくて
その根底にある経済、生活、教育のレベル差、
不満と憤り、やり場のない不安と怒りが
そこには深く深く関係している事を
忘れないでいてもらいたいと思います。

特にブラック系のカルチャーに傾倒していて
L.A.に旅行に行く事を考えている女性は、
観光だとしても彼らの街に深く入り込むのは
避けた方が良いと思いますよ。

観光気分で危険なエリアに入り込んで
犯罪の被害にあったり
命を落とす事になったりでもしたら
元も子もないですからね。

L.A.は今でも危険をはらんでいる街なんです。

普通に暮らしていても銃を突きつけられるような街です。


アメリカは安全さえもお金を払って買う国なんです。


僕が知っているのはL.A.のほんの一部でしかありませんが
その狭い世界の中でもこういう話を聞くんです。

くれぐれもお気をつけ下さいね。



今日は、L.A.の影の部分のお話しでした。



昨日のオヤジバンドの練習は
その後、護身術のレッスンが
しばらく続いていたのでありました。(^^


いやぁ〜、僕、こういうの好きなんですよ。

やっぱり、合気道って奥が深いですね。

僕も昔から興味があって、
いつか習ってみたいなって思っているんですけど、
生活が安定したら自分の身と家族の身を守る為にも
習ってみるのも良いかもしれませんね。

運動不足も解消されるでしょうしね♪


 子どもを守る!護身術

こんな本も気になっちゃったりして...。(^^;


まだまだ数年はこの街で暮らしていく事になるでしょうから
合気道....習ってみるのも良いかもしれませんねぇ。


人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。


TAB譜にさよなら!
    ギターの演奏に役立つお話をこちらでしています♪


ブログパーツ 

アクセスランキング
スポンサーリンク
FX
日本レコード大賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。