Riocato.com始めました!

僕のブログに足を運んでくださってありがとうございます。
Riocatoというアーティスト名で展開している僕の音楽活動を
まとめてチェックできる新しいサイト「Riocato.com」を立ち上げ、
こちらのブログの記事をそちらに引越ししました。
今後は「Riocato.com」に投稿していきますので、
よろしかったらそちらをチェックしてみてください。

      2016年4月23日 のんぎぃー
       ーー>「Riocato.com」はこちらです。

スポンサーリンク
2010.10.03

VAMPSのライブを見てきました

昨日は、ひょんな事から日本からツアーに来ていた
VAMPSのライブを見に行ってきました。

 VAMPS/VAMPS

って言うのもですね、オヤジバンドのスタジオに
いつものように曲作りで集まったら
メンバーの1人が
「なんか日本からロックバンドが来て、
 今晩ライブやるんだって。
 知人から4人分のチケットをもらったから
 今日はみんなで見に行こう♪」
との事で....。

どんなバンドか名前を聞いてみたら
「良く知らないんだけど、VAMPSって言うんだって。」
.....だそうな。


あれ? VAMPSってHYDEのユニットじゃなかったっけ?




話を聞いてみたら、やっぱりそのVAMPSみたいでした。

まさか、LAで日本のメジャーアーティストの演奏を
見ることになるとは思ってもいませんでした。


さてさて、そんな訳でHollywoodにある
AVALONというクラブに行ってきました。

僕達が付いた頃には演奏はすでに始まっていました。

前座が演奏しているのかと思っていたんですけど、
ステージを見ていたらどうもボーカルがHYDEっぽいので
その演奏がVAMPSのモノだと分かりました。

曲も知らない、ファンでもない一般人にしてみたら
そんな感じなんですよね。

ファンの方には申し訳ないです。

二階席もありましたけど、
小学校の体育館程の広さも無いホールなので
結構ステージが近かったです。

日本でラルクアンシエルのライブなんて
こんな規模のライブでは見られないでしょうから、
こんなに間近で見られるファンは大喜びだろうなと思いました。


一番印象に残ったのはHYDEの鍛え上げられた身体でした。

腹筋はきちんと割れていて、胸板もバシッと割れていて
とってもかっこ良かったです。

ギターを低く構えて、セクシーに腰をくねらせながら
演奏し、歌う姿はとても見応えのあるものでした。

いやいや、本当に見応えありましたよ。


あれは、男の目から見てもカッコイイですし、
憧れの対象になります。


僕も鍛えないとって思いました。(^^;


あとベースの人のノリの良さも見ていて気持ちよかったです。

名前は知らないんですけど....。(^^;



あとは、ステージの上で隠されるように並んだギターとか?


音楽的な事は、残念なんですけど
あんまり衝撃を受けるような事はありませんでした。

僕の感性が鈍いっていうのもあるんでしょうけどね。

ギタリストのプレイは、サスティーンを活かした
ロングトーンが多くて、正直、そんなに印象に残りませんでした。
リフはあんまり聴き取れませんでしたし...。

曲名は知りませんけど、客席を煽るパフォーマンス用の曲では
同じ事を延々繰り返していて、
あまりの展開の無さに退屈な思いもしました。

それで、テンションをあげろって言うのは
ファン的にどうなんだろうかなって思っちゃったり。

それでも、予め曲を知っていれば楽しめたんだと思います。
実際に、ほとんどのお客さんがノリノリでした。

まぁ、ああいうライブってファンの人が見に来るものですからね♪



ホールの残響のせいなのか、
ボーカルもハッキリとは聴き取れませんでしたし、
全体的に音像がぼやけていたのが残念でした。

初めて聴く曲が残響でゴワゴワして
メロディーもハーモニーも分からずに
ただの爆音だけってなってしまったら、
やっぱり音楽的に楽しいものではないですね。

ギターのリズムのキレもぼやけてしまいますし、
ハッキリ言って、何を弾いているのかも
しっかりとは聴き取れませんでした。

見た所、PAシステムは凄く良かったのに
それであの音質というのは
パフォーマンスを活かしきれていないなと思いました。

音響構造的にあんまり良くない会場だったのかもしれませんね。

見た目的にカッコイイだけに、
音響で損しているなと思いました。

ラルクでは良い曲がいくつもあるので
そのような曲が聞けるかなと思ったんですけど、
僕達がいる間には、そのような耳を傾けたくなるような曲は
演奏されませんでした。


最後までいれば、良い曲があったのかもしれませんけど
僕達は途中で帰る時間になってしまいました。

それまでに印象に残った曲は、
カバー曲の「Live Wire」 でした。

きっとLAへのサービスなんでしょうね。

LAメタルの代表格である
Motley Crueの曲をカバーするのは
なかなか良い演出だなって思いました。

なかなか楽しかったんですけど、
頂けないのは......

ギターをストラミングしちゃってた事なんですよね。
やはりブリッジミュートを活かしながら
男らしくザクザクとリズムを刻んだ方が
格好いいと思うんですけどね。

それをジャカジャカとやってしまうのは
絵的にも音的にもあんまりカッコイイものではありませんね。

HYDEはギタリストじゃないから良いんですけど、
その曲でベーシストは指引きでしたし、
なんかチグハグな印象を受けてしまいました....。

Live Wire / Motley Crue



そういえばライブ会場で
ポスターの他にも扇子やお守りも売ってたんですよ。

そういうのも面白いですよね。


ところで、Vampsってバンパイアの事だったみたいですね。
やっと分かりました....。 (^^;



それにしても、あそこまで鍛え上げるHYDEの
プロ意識と美学はカッコいいなと思いました。

それから、ロックはダウンピッキングのカッコ良さも大事だなって
自分のプレイを見直すきっかけにもなった夜なのでした。

2010.09.24

Band in a Box ジャズ系の人にお勧めです

ここ最近、DTM関連の事を書いていたので
その流れに乗って便利なソフトについて書いてみたいと思います。

今日お話しするソフトは自動伴奏ソフトの
Band in a Box」というソフトです。





僕が以前、YamahaのQYシリーズを使っていたのは
お話ししましたよね。


これは仮歌を作る時も、とても便利な機材でして、
コード進行を入力するとそれに沿って伴奏のコードが変わるという
それだけで曲になってしまうような自動伴奏機能があったんです。

それがとても使い勝手が良くて、
色んな曲のアレンジのアイデアを探す時や
デモ状態の仮歌を人に聞かせる時に重宝していました。

それがコンピューターでできるようなソフトが
この「Band in a Box」なんです。

しかも、コードの入力はタイプ入力なんですよ。

ワードやエクセルを使うような感覚で
曲の骨組みが作れてしまうんです。


選べる伴奏の種類も豊富に揃っています。

しかも、拡張パックを追加するとジャズやポップス、ロックなど
色んなジャンルの伴奏のストックが増設できるんです。

伴奏データをMIDIで書き出すと色んな使い方もできると思います。

どのコードにどんな音が使えるのか分からない人は
これで伴奏のフレーズを作っても良いでしょうし、
一部分だけ抜き出して使うのもアリだと思います。

あるいは、DTMソフトでMIDIデータを色々といじる事もできますから
使える素材を作るソフトとしても利用できると思います。

ピアノやオルガンの定番アレンジや
ドラムやベースのフレーズの作り方を
Band in a Box」で作った伴奏から勉強する事もできますしね。

自分なりの使い方や他のソフトとの組み合わせを発見すると、
このソフトの可能性はもっともっと広がると思います。


他にも色々と便利な機能がついていましてですね、
僕がこれは手放せないなぁ〜と感じているのが
楽譜機能イヤートレーニング機能なんです。

こっちでジャズミュージシャンなら必ず持っている
裏定番的な楽譜集があるんですけど、
それとそっくりなものが作れてプリントアウトできるんです。

このソフトのおかげで、僕のオリジナル曲も
イイ感じでプリントアウトして残しておけるので
とっても重宝しています。

もう1つの目玉機能のイヤートレーニング機能なんですけど、
これは和音を指定した範囲でランダムに鳴らしてくれるんです。

で、それを聞いて
「これはメジャー7」とか
「これはマイナー7フラット5」という風に
クイズ形式であてるんです。

ジャズをやっていると、コードを聞いて
瞬時にそのコードが何のコードかを理解する能力が
どうしても必要になってくるので
それを養うためにとっても効果があるんです。

僕にはそんな芸当は到底できませんけど、
少しは耳を良くしておきたいなぁと思いますので...。

そう、実は僕はこの「Band in a Box」を
作曲ソフトとして使うよりも
トレーニングソフトとして使っていたんです。


使っていたっていうのはですね.....。


PC用のを買って使っていたんですけど、
PCがしばらく前に故障してしまってから
使えなくなっちゃったんです.....。

かなり重宝していただけに、とても残念です。



最近、手にしていませんけど....
このソフトはジャズを学んでいる人には
とても良いソフトだと思います。

ジャズの練習って同じコード進行の中で
延々とモチーフやフレーズを展開させる練習が有効なんですけど、
それをメトロノームだけでやっていても
それがコードにあっている音かどうかは
最初のうちはなかなか分からないんです。

今はBOSSのLoopStationのように
ループ機能があるエフェクターがあるので
それに自分のバッキングを録音してループさせて、
そのループにあわせて練習もできますけど、

 これですね♪


Band in a Box」を使えば、
自分の好きな曲の練習用オケを好きなだけ作る事ができるんです。

僕も、それなりに沢山の曲の練習オケを作りましたよ♪

しかも、テンポもリズムもアレンジもキーも
後から好きなだけ変える事ができます。

「枯れ葉」をスイングやマーチ、ボサノバ、ロックに変えて
アドリブ練習を好きなだけする事もできます。

ジャズを弾けるようになりたい人の練習に
大活躍するのは間違い無しです。

ジャズ系の人のマストアイテムと言っても
良いんじゃないかなって思います。


実は、僕も先生に勧められて買ったんですけど、
買って良かったなって思ってます。

....例え、今は使えなくっても....。(T^T)

人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。


ブログパーツ 

アクセスランキング
2010.09.17

奥様はキルター


僕は自分の部屋大好き人間でして、
時間があればギターを弾いたり作曲をしたりしていたい
スーパーインドア派です。

実は、僕の妻も趣味人なのです。


彼女の趣味はキルト

一昨年に始めた趣味なんですけど、
それはもう凄いハマリようでして、
僕のギターと良い勝負なんじゃないかなって思います。

仕事から帰って来ると、
部屋で布を裁断したり縫い合わせたりと
自分の趣味の世界で楽しそうにしています。

キルトの雑誌を買っては
「こういうの良いなぁ〜♪」
「この柄カワイイ〜、今度作ってみようかなぁ〜♪」
って言っていたり、

「新しいデザインを思いついた♪」
と言って、色鉛筆を使ってスケッチして
見せてくれたりと、
いつも賑やかにしています。

彼女の部屋にはキルト道具や刺繍糸、
アイロン台に中詰め用の綿、
何種類もの布地が常にあって
ちょっとした作業部屋のようです。

 こんな布とか、


 こういう綿とか


 こういう定規とか


 こんなカッターとか


 こんなカッティングボードとか....


こういう道具が本当に部屋にあるんですよ。


いずれ、彼女の部屋が工房になるのは間違いなさそうです。

きっと僕の部屋がスタジオになるよりも早いですね。(^^



時々、遠くの街に行って布を買ってきたり、
近所の手芸店に行って道具を買ったりしてるんですけど、
まるで女の子が好きな人形を見つけた時みたいに
「あぁ〜!この布カワイイ〜♪」
なんてはしゃいでいます。


こんなに夢中になれる趣味があるなんて良いもんですよね。


自分が楽器店や中古CDショップに行った時も
こんな感じなんだろうなぁって
彼女を見ていて思います。

似た者夫婦なんですねぇ。(^^




ちなみに、こちらの手芸店で売っているキルト道具は
ほとんどが日本製なんですよ。

やっぱり使う人達には道具の質が分かるんでしょうね。
こういうのって、ちょっと誇らしいですよね。


彼女の研究心は留まるところを知らないようで、
最近は、キャスキッドソンの本の秋号を買うんだぁ〜とか、



Cath Kidston “FLY TO THE UK!” 『キャス・キッドソンへようこそ』 2010 autumn&winter (e-MOOK)


完成したキルトをビニールでコーティングしたいなぁ〜とか、

31m4ZFxhFtL._SL160_.jpg

Thermoweb Heat'n Bond Iron-On Vinyl -17"X5 Yards Gloss



色々と次のアイテムを狙っているようです。



キルトを始めた時は、色々と飽きっぽい彼女の事ですから
いつまで続くかなぁと思っていましたけど、
気がつけばもう1年半も続いたんですよねぇ。

これは、このままずっと行きそうな感じです。



僕もギター弾いていて思うんですけど、
一生ものの趣味を持てるのって本当に幸せな事ですよね。

そんな趣味を見つけた彼女は、毎日とても楽しそうです。


僕の提案でブログも始めたので、
そのうちにキルトをしているブロガーさん達と知り合って、
キルト友達ができていくんじゃないかなって思います。


お互いに趣味に時間をたっぷりとかけたいモノ同士なので、
食事が終わるとそれぞれの世界で遊んでいる2人なので、
「うちらって仮面夫婦?」
なんて笑いあってますけど、
こんな夫婦がいても良いんじゃないかなぁ〜って
今日ものんきに思っている僕達なのでした。


青い空にヤシの木の開放的なカリフォルニアで
インドアな趣味って、ちょっと勿体無いかもしれませんけど、
こういうのも良いものですよね。


人気ブログランキングへ
よろしかったら応援クリックをおねがいします。


ブログパーツ 

アクセスランキング
スポンサーリンク
FX
日本レコード大賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。